SPECIAL
SPECIAL

過去・現在・未来(これから)

私たちの「価値創造」の起源。
現在どのような事業を展開しているのか。
そして、RIZAPが
これからどのような展望を見せるのか。

PAST~ 過去 ~

「RIZAP」誕生の経緯 「RIZAP」誕生の経緯
黒色背景と金色のロゴには…
RIZAP=RIZE UP “どんな暗闇のなかにいてもその人が望む限り、
必ず光り輝く未来は訪れる”という意味があります。

「RIZAP」誕生の経緯

「世の中を変えるような世界一の会社をつくりたい」
そのためには、世界中の人々に必要とされ、選ばれ、愛されるものであるべきだと考えました。
人間の根源的に必要なものは何か?考え続けて辿り着いた答え。それは、誰もが一度は想いを馳せたであろう「幸せになりたい」という願いです。
ならば、本当の意味で「幸せになる」ことを叶えるサービスを提供したい。そして、私たちが最初に手掛けたサービスのテーマは「健康」でした。なぜなら、「幸せになる」ために健康は絶対的に必要不可欠であるからです。

本質への気づき 本質への気づき

本質への気づき

お客様に必要とされ、選ばれ、愛されるには何が必要なのかを徹底的に考え抜き、「豆乳クッキー」「エステナード(美顔器)」「どろあわわ(洗顔料)」と新しい商品を次々に企画し、販売していきました。
しかし、競合が類似商品を作れば、価格競争がおこり、市場は荒れていきます。厳しい競争の中、業績に駆り立てられる社員たちは疲弊し、職場は殺伐とした状態に。「このままではいけない」と我に返り、原点に立ち返ることを決意しました。
また、どんなに素晴らしい商品・サービスを提供しても、それを効果的に活用しなれければ意味をなしません。結果を出すためには「売って終わり」ではなく、「結果が出るまで寄り添う」ことが大切だと気付いたのです。本当の意味で「幸せになる」そんな願いを叶えるためには、「結果にコミットする。」ことこそ、必要なことだと。

「寄り添う」RIZAPの誕生 「寄り添う」RIZAPの誕生

「寄り添う」RIZAPの誕生

「変わりたい」と本気で願っているのにも関わらず、自分の力だけでは「変われない」。
それは世界中にたくさん存在する問題です。優秀なアスリートでさえ、支えるコーチがつくように、「人の弱さを人の強さで補う」そんなビジネスを展開したいと考えるようになりました。そして生まれたビジネスがRIZAPです。
RIZAPブランドは様々な手段を通して、自分1人ではできない、なれないと諦めていた理想の姿にたどり着くことで、自信を手に入れ、その先の人生を輝かすことに真の価値を生み続けます。これこそが、私たちの考える「人は変われる。」ということ。世界中の多くの人たちが、たった1度きりの人生を「どうせ、自分にはできない」「自分では所詮この程度だ」と蓋をして諦めていく現実。そんな人が、自分の可能性を信じ、生まれ変わった自分の人生を歩き出した時、真の意味で人は内側から輝きだす。そんな輝く人たちが世の中に増えたとしたならば、世の中はもっともっと明るく、そして、世界が変わっていくはずです。私たちが目指すのはそんな大きな未来です。
RIZAPのボディメイク事業は我々が目指す世界(1人1人を輝かせる)を実現するための、手段の1つに過ぎないということです。

CURRENT~ 現在 ~

RIZAPグループが展開する
多様な事業展開

全グループ会社の力を集結し、全ての人が、
より健康に、より輝く人生を送るための
「自己投資産業」を事業ドメインに
「人は変われる。」を証明していきます。

※1:RIZAPグループ株式会社は、中核子会社10社を基幹としたグループ企業全体をマネジメントするホールディングス機能に特化した企業です。
※2:RIZAPトレーディング株式会社は、商社機能としてグループ各社の購買・物流業務を横断的に担う事で、質と効率の向上、全体最適化を実現する企業です。
※3:RIZAPインベストメント株式会社は、美容、ヘルスケア、ライフスタイル以外の事業を「新領域事業」として集約し、統括する中間持株会社です。

RIZAP株式会社は、
RIZAPグループ全体の成長や進化を最前線で牽引している事業会社です。
成長率・収益性が高いボディメイクの運営を中心に、
多様な事業を通して今なお、さらなる価値を創造しています。

RIZAP関連事業

基幹を成すのは
『結果にコミットする』スタジオ事業。
そのメソッドを多様な価値観に合わせて事業を拡大。

【パーソナルスタジオ】
自己肯定感を引き起こすトレーニングプログラムの提供、及びそれに付随する商品の企画・製造販売。
様々なジャンルにて「やり切らせる力」を発揮して、達成したい様々なことを叶えるための事業を展開しています。
【グループスタジオ】
1対1のパーソナルスタジオ事業だけではなく、複数のゲストを対象とした1対Nのグループスタジオ事業も展開しています。
一人でも多くの方へ、幅広くRIZAPビジネスを届け、1対Nでも結果にコミットできることを証明します。

FUTURE~ 未来 ~

新規事業

既存の事業ドメインを超えて
「より良い人生」をサポート

RIZAPが推進する、自己投資産業の展開にはジャンルにとらわれない多彩なコンテンツが必要です。人生100年時代、誰もが自分の人生をより輝かせながら生き続けていく。変わりたいと本気で思えば人は変われる。なりたい自分を手に入れ、自己肯定感に満たされた日々を過ごす。それを丸ごとサポートできる存在であるために、マーケティング力・テクノロジー力・マネジメント力を最大限活かして、新規事業を展開していきます。

RIZAP R&D
(研究開発・教育機関)

オープンイノベーションの一歩として、【大学・研究機関】【法人・自治体】【アスリートサポート】【海外企業】など、各専門機関の最先端Technology及び研究成果を集約・還元する、ハブとしての機能を担うことで、革新的なビジネスモデルや製品・サービスの創出へつなげます。自己実現に向けたソリューション開発力をさらに強化し、より多くの人の健康で幸福な人生に貢献してまいります。

https://www.rizap.jp/pub/lab_rd/

  • 【大学・研究機関】
    RIZAPでは、180以上の医療・研究機関とのネットワークを構築し、医師の監修による、安心・確実な根拠のあるプログラムを採用しています。また、カラダだけでなく、心理変化まで含めた臨床研究や、糖尿病などに対する最新医療研究を減量法と有機的に結び付ける取り組みも進めています。アプリや、ウェアラブルデバイスで、活動量や血糖値、食事記録など日常の様々なデータを取得。そのデータに基づいて、的確な運動や食事のアドバイスを実施するなどといった、科学の力で「人は変われる。」を証明していきます。
  • 【アスリートサポート】
    2018年4月、サッカーJ1リーグの「湘南ベルマーレ」の経営権を取得し、本格的にスポーツ市場に参入しました。2020年までの国内主要タイトルの獲得をコミット宣言し、2018年10月、2018JリーグYBCルヴァンカップで初優勝し、初年度にしてそのコミットを達成。
    『磨けば光る選手の機会ロスをなくし、世界が驚くアスリートを生み出したい』、そんな想いから、全てのアスリートのパフォーマンスアップをサポートするアスリートの「結果にコミットする®︎。」統合型トレーニング施設を設立。また、トレーニングの過程でアスリートのニーズやFBを積み重ね、まだ見ぬリカバリープロダクトやトレーニングギア、ウェアラブル端末の開発を行い、ハード面でもトップアスリートの可能性をさらに引き出すアプローチをしていきます。
一生涯寄り添うための
事業ポートフォリオ

我々は、人生の特別な期間に携わっていくだけではなく、様々な角度からお客様の生涯に、ずっと寄り添っていく。そのために、サービス・商品が点と点で独立しているのではなく、点と点を結んで線で繋がっていきたいという想いがあります。

事業の成長性

ボディメイク事業、パーソナルスタジオ事業(1:1)、グループスタジオ事業(1:N)、自治体向けプログラム、法人向けプログラム、多様な価値観に合わせた様々なジャンルの事業を拡大してきました。これらの事業がシナジーを生み出すことで、更なる深化、新規事業の創出、そして、それぞれの点(各事業)を線で繋ぎ面へと広げていきます。
具体的に、「テクノロジー×人」の融和を目指します。ウェアラブルデバイス等を活用し、訪店時以外でも生活習慣や体重管理等を可能にしていきます。どのような状況下でも結果にコミットする仕組みを創造し、『健康な生活のトータルサポート』を実現。
今後、ポータルサイトを中心に店舗・EC・カタログ等で、グループ企業のサービス・商品も含め、より最適なものを購入いただけるように設計。RIZAPらしい独自のライフタイムバリューを形成する事で『RIZAP経済圏』を確立します。
また、ヘルスケアのデータ基盤として集まってきた、お客様の豊富なデータをRIZAP R&Dにて研究分析、新しいRIZAPの商品及びサービスの開発により、ゲストに還元。このサイクルを確実に回すことで、「1000万人の自己実現のプラットフォーム」を作っていきます。
今まで多くのお客様の体と心に希望を照らし、そして「変わる喜び」というものを紡いできたRIZAP。これからも、一人でも多くの方に「変わる喜び」を伝えていきます。
我々のミッションは、「ひとりでも多くの人が、自らの可能性と価値を最大限に解き放ち、最高の自分らしさに出会える世界にする」こと。
そして、「進化」「生涯寄り添い続ける」という2つのキーワードを重宝しています。